【Switch】Joy-Conのドリフト問題(騒動)と原因について

最近ようやく手に入る様になってきたニンテンドースイッチですが、何やら最近別のことでまた注目を集めている様ですね。

それはニンテンドースイッチのコントローラーである、joy-conのドリフト問題です。

私はニンテンドースイッチを持っているのですが、正直ドリフト問題?

って感じだったので調べてまとめてみました。

joy-conドリフト問題とは?

簡単に説明しますとjoy-conドリフト問題とは、ニンテンドースイッチのjoy-conが勝手に動いてしまうことですね。

日本ではあまり話題にされていませんが海外では騒動になっているとか。

今までの任天堂のハードなどでは不良品などが出回ることがなかったイメージですが、今回のニンテンドースイッチのjoy-conは評判が悪い様です。

私が使っているスイッチのジョイコンは今のところは普通に動いています。

と言いますかほとんど小型ゲーム機の様に使わないのでほぼプロコンしか使っていません。

今話題になっているジョイコンのドリフト問題を皮肉ったゲームなどが話題になっていますよね・・・

ドリフト問題の原因

それではなぜドリフト問題が発生するのか考え調べてみたところ、簡単に言いますと不良品ですね。

中にはスティックの芯が削れてその粉が内部に入って故障の原因を作るのではと考える方もいるかと思いますが、ジョイコンは芯が削れる様な設計になっていないのです!

一度ジョイコンをお持ちならスティックの芯の部分をご覧になってみてください。

今までのコントローラーのスティックの芯とは違った構造をしているので、こなが入って故障の原因を作るとは考えられません。

つまり不良品なのです!

ニンテンドースイッチはジョイコンを取り外せるのでいいですが、後に発売されたニンテンドースイッチライトは取り外しができないので、ドリフト問題が発生したら非常に厄介ですね。

また任天堂も正式に謝罪をしている様なので、非を認めたのでしょう。

正直、謝罪よりも早く不良品を出回らない様にしてもらいたいですが・・・

joy-conドリフト現象が起きたら?

もし自分の使っているジョイコンがドリフト現象を発症してしまったらどの様にするのが正しいでしょうか?

と考える方もいると思いますが、3つの方法が考えられます。

任天堂に修理を依頼する

王道で一番確実なのは製作している任天堂に修理を依頼することです。

金額などは依頼する段階ではわからないので、安く済ませたいと考えている方には向かない対処になります。

また修理期間中はjoy-conを使うことができないのが厄介です。

プロコンなどを持っている場合などはあまり影響はないかと。

自分で修理する

この方法は自己責任になってしまう上にあまりお勧めはできません。

ですがどうしてもお金をかけたくないという方は自分で分解して修理するという方法もなくはないと思います。

もう一度書きますが自己責任ですのでお気をつけて。

また自分で分解をしてしまうと任天堂の修理サポートを受けられない可能性もあるので注意しましょう。

新しいジョイコンを買う

一番手っ取り早いですが、お金が結構かかることと次に買ったジョイコンもドリフト問題を抱えている可能性があるのでなんとも言えませんが、

お金を使ってもいい方は新しいジョイコンを買うのも手です。

ですがお気づきの様にコントローラーといえどもソフト1本分くらいの値段がするので安くはありません。

まとめ

ニンテンドースイッチで起きているjoy-con問題は任天堂による不良品についての騒動だということがわかりました。

もしドリフト問題が起きてしまったらまずは任天堂の修理に出すことを検討してみてください。

ある程度の期間を使ったジョイコンの場合などは修理に出すのもいいですが、新しくジョイコンを購入するのもアリかと思います。

ですが自分で修理するという荒技に挑む場合は確実に治る保証はない上に自己責任ということを忘れてはいけません。

とりあえずこれからは不良品を作らない様に任天堂には努力してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました